なんともおいしそうなケーキでしょっ♪

まんずぅ〜「お二人の共同作業」ケーキ入刀いたしまして・・・・(^ム^)
たべたところ・・・・

め〜っちゃおいしい(●^o^●)
日本人の味にあった、ほのかに甘く、さっぱりとしてました。
正直言いますが・・・m(__)m
外国のケーキでこんなにおいしいのは、初めてでした。


なんとか、搭乗時間に間に合って搭乗するとマレーシア人らしきお姉さまスチュワーデスと男の方が迎えてくれた。
とっても、エキゾチック系の美しいお姉さまがただったが、ちょいとポッチャリ系?!?!

座席に座るなり、早速おしぼりのサービスを。

13:30過ぎぐらいに、スリランカ航空コロンボ行きは離陸した。

                                第一章  
              〜4月12日(土)〜
         待ちに待ったモルディブ旅行〜(^o^)


(1)出発

4月12日、この日私たちの夢のモルディブに行く日がやってきた。
朝5時半に起床、実はこの日の前の1週間は、荷物の出し入れの連続とあたふたの毎日で連日睡眠時間5時間だった。
この前の日の金曜日も、就寝時間は夜中の2時、3時間半ぐらいしか寝れてなかったのである。
5時半に起床したら、まずみじたく整え、前日のローソンおにぎりで軽く済まし、電気のブレーカーを切り、
ガスのブレーカーまで切って、朝一管理人さんから電話がかかってきてしまったが・・・(^_^;) 管理人さん、ごめんやすぅ・・・・m(__)m
あたふたしながら、6:30家を出る。道中駅まで、荷物がたがたいわしながら、運ぶのが大変やってんて・・・(苦笑)
いよいよ夢のモルディブへと出発することになった。

私たちは、コロンボ経由のスリランカ航空だ。
このルートは、関空発がなく、成田からの航路になっているため、まず国際線乗り継ぎのために
伊丹空港まで行かなければならなかったので、大阪モノレール6:55発の伊丹空港行きに乗り、7:30頃空港到着する。
7:40にJALチェックインカウンター集合だったため、すぐに成田国際線乗り継ぎ用のチェックカウンターで搭乗手続きを済ませて、
その時、持っていたスプレー缶でひっかかってしまった・・・・(ーー;)
すぐ上の階の免税店などのショッピングスペースで、いろんなものをみてまわり、向こうでお世話になるダイビングショップと挙式と「華」というブライダルショップのスタッフの方用に「元祖 おおさかみたらしだんご」というのを、手土産に2箱購入した。

8:40、伊丹空港をたち、10:00前ぐらいに成田空港に到着
コロンボ出発は、13:20、そのためのチェックインが11:00やったので、1時間ぐらい時間があったから、
家族のところに携帯メールを入れておく。
その後、搭乗手続きをする。
その後、$銭に両替をしてもらう。東京三菱とみ○○銀行にしてもらった。
東京三菱はすごく感じがよかったけど、み○○のほうは、両替の後封筒もくれずにすごく感じが悪かった。

両替が終わって、食事をしにいった。
讃岐うどん屋の「讃兵衛」というところへいった。まぁ・・関東なので味は期待してなかったのだが、結構美味しかった。
成田に行く機会があれば、お勧めしたいお店だ。そこで食べながら、入出国カードを書いた。

そうこうしているうちに、あっという間に、11:30ぐらいになっていたと思う。
あわてて、案内で探してた「Yahoo ネットカフェ」にいく。
(ここは、入国審査のカウンターの向こうにあるから、手続き済んでから出ないといけない)
ネットカフェでみんなのとこに書き込みしとったら、あっという間に12:30まわっとるぅ〜〜〜(;O;)
ここで、国内線やったら10分前で、駆け込みおっけぇ〜〜なんやけど、ここは国際線そういうわけにはいかんで、歩行エレベーターはしってってぇ〜〜

・・・その時、にっしゃんがこんな写真を       
 
 

コロンボには、19:20に到着予定。ということは6時間ぐらい・・・だけど時差があるから9時間ぐらい。
退屈なので、前半の4時間ぐらい、にっしゃんは座席向かいのモニターでゲームしたり、隣の空いた席で、足伸ばして寝とったし(笑)
私も、爆睡をかましてみたり、映画キャッチミーイフユーキャンを見てすごしていた。
夜の機内食は鳥丼と洋食、にっしゃんは鳥丼定食、私は洋食を食べた。これも結構おいしかった。

コロンボに到着する2時間30分まえ・・・ぐらいだったか・・・・??
にっしゃんは窓側で、ゲーム私は4列がけのとこで交代で熟睡タイムに入ろうと寝ようとしていたら・・・
隣の、ハネムーナーにスッチーのお姉ちゃんがなにやら、なんか渡していってる。周囲を見てみたら、「ウエディングケーキ」を渡していってるのではないか!!
スリランカ航空では、ハネムーナーにウエディングケーキを渡すサービスがあるのだ。
周りはハネムーナーばっかしで、隣でケーキを渡していってる様子がよくわかったので、「これや!!!!」と思って、
(はよ、私らにもまわってこうへんかな・・・?? まわってくるよね・・・??)と心配と不安で(笑)あわてて、座席に戻った。
ウエディングケーキが回ってきた。

   

やっとこさ、コロンボ空港向こうの時間で19:20に到着(^_^)
こっちは、寒いくらいやったのに、着いたら蒸し暑かった。空港到着したときに、入国のときに周りの列につられて、なんかカード書いていた。
そしたら、それは書いていらんやつやった(笑) ということは・・・まちがい・・・??
その時、前にいたダイバーのカップルと話しをする。関東の人らしくその人たちは、ダイブサファリにいくという。
な〜んや、わたしらとは方向がちがうやん・・・。ヒルトンやったら挙式のとき写真とってもらおうとあてにしとったのに(笑)
それで、マーレに出発が20:30やから・・・と思って、免税店とかうろうろしようとしていたら、空港のおっちゃんに
「ゲートは向こう、ゲートは向こう」って、せかされるはめに・・・なんでやねん・・・・
そうして、20:30頃にコロンボを出発1時間ほどでマーレ空港に着いた。


(2)ちょっとした大騒動\(◎o◎)/!

ついたら、まず税関
並んでいるの人に列を見たときにわかったこと。それは・・・「関西人がいない(__)」
私たちが税関を通ったとき、いつものパスポートにはんこを押してくれるのと以外に、1枚のアンケートを書かされた。
そう、それは、SARSに関するもので、各項目にチェック印を入れていくものだった。
アンケートには、@熱はありますか?
          A咳は出ますか?
          B家族や親戚の方にSARSの方はいますか?
          C2週間前までに、シンガポールや香港へ旅行へ行きましたか?とあった。

私は、ずっと前からアレルギーで咳が出る傾向にあったので、何も異常なんてあるわけないのに、
ななな・・・なんと思わずAの項目にチェック印を入れてしまったのだぁ〜〜\(◎o◎)/!
そんなの・・いれんでいいのに・・・・(-_-;)
そうしたら、いきなりその係りの人が「Doctor!! doctor!!」と呼んで、お医者さんらしい税関の人たちが何人もきて
さっそく想像できないような、騒がしい雰囲気になってしまった。\(◎o◎)/!
「咳は出ますか??」って!! そしたら、その騒がしい雰囲気をわかったにっしゃんも「この咳はアレルギーのものでぇ・・・」って
フォローに入ってくれたのだが、すでに遅しで、医務室に連れて行かれることになってしまった〜〜(;O;)
この間、にっしゃんには、ずいぶんと笑われてしまって、大変なことになっていた。

医務室に連れて行かれて、何人かのお医者さんや係りの人たちが立ち会ってて、まず、熱を測らされてしまった。
当たり前のことなのだが、熱はない。
そうしたら、そのお医者さんが、笑顔で「fine!!、No probrem」ってにこっとしてくれた。
それで、滞在宿泊ホテルは・・??そして、ホテルの電話番号までいわなくてはいけないはめに・・・(~_~;)
いろいろ、書類を書いていた。
そしたら、「38度の熱が出たら、すぐにこっちに電話しなさい。」と電話番号の書かれたプリントを渡されて、
(結局これは、当たり前だが、最後までいらなかった)
「旅行を楽しんでください。」としめの言葉で、一件落着^_^;して、税関を通り空港を出た。
でも、空港を出るときに税関の人が、パスポート番号を聞きにこっちにきた。
「一件落着したと思ってたのに・・やらしい・・・」と私は、思ってしまっていた。

それでも私は、心配だった。 ヒルトンの連絡先を教えてしまったもんだから、もしかしたら・・・・??!!
どうしよう・・・これから、フルレホテルの華にて、挙式のドレスあわせがあるというのに・・・
そのときに、そのことが耳に入ってて、断られて強制送還????!!!な〜んてどないしよーーーー!!!!
って、やっぱり心配になっていた・・・。
もし・・もしかしたら・・・のときのために、翌日ヒルトンに着いたら、そのことを話し、
「もし、空港からヒルトンに連絡が入ったときは、私たちは何もないですので、そのようにいっておいてください。」
ってお願いしようと。

でも、そんな心配をよそに、空港を出ると、この日の晩1泊する「フルレホテル」のブライダルショップである「華」のスタッフの方と
今回お世話になった旅行会社の「ワールドツアープランナーズ」の添乗員の方が迎えに来てくれていた。
添乗員の方は、女の人で最後の日でもお世話になるのだが、ものすごく感じがよくて、しっかり対応してくれた。
そうして、空港を後にフルレホテルへ。

ホテルに着いた。着いたら22:30やったっけな・・早速14日挙式のウエディングドレスとスーツの試着&サイズあわせと
打ち合わせ(結局これは、翌日のヒルトンにて・・)だった。
まず、にっしゃんのスーツを合わせた。
「南国風に白っぽいのがいいですってリクエストしておいたんですが」(にっしゃん)
「今はこれとこれがあります」っと目の前に並べられたのを見ると白っぽいのと
もう一つはグレーのん。ってことは選択の余地がないやん(爆
白っぽいのを試着してみるけどどうみてもにっしゃんにはでっかい。
でも
「おっ・・・おっとこまえじゃん・・・」
どうしたええもんかと悩みかけてたら
「明日までにはサイズ直ししときますよ」って
んでもだいぶちゃうでーっと思いつつもここはおねえさんの腕を信じるしかない。


そして、私のウエディングドレスの試着だ。
ドレスは、出発前から3着ぐらい希望を出していた。
それから、新着で入ってきたのも何着かあったので、試着前にもう一度カタログを見て、ちょいと検討しなおした。
でも結局そこにあるヤツでないとあかんから現物のあるやつから選んで試着。
男物よりはかなり種類があり結構悩む。
結局その中から3着ぐらい選んで、最終的に私の選んだのは、これっ!!・・・んでも、そのドレスは
挙式当日の日記にて公開するとしましょう!! 

お〜た〜の〜し〜み〜に〜ぃ^m^


そして、ネックレスもブーケも手袋もティアラも一式借りちゃった4〜(^_-)-☆

そしてっ!はいっ!!これにて華での打ち合わせはおわりっ!!23:30!!
この間、なんと1時間ぐらいである!!!
「こんなんでできんの?!?!」って感じ。もう、あっというまに・・!!
でも、これだけなんです4!!


あっという間に、試着も終わり宿泊へ。
その後、空港での添乗員の方が、待機してはって、「明日の集合は6時に水上飛行機が出ますから、朝5:30です。」
っていわれてショックぅ〜〜「朝、早過ぎる・・・・(-_-;)」ってもう、時間は0:00であった〜(ToT)/~~~

んでも、そんなこと言うてられないので、とりあえず部屋に行き、早いことシャワーを浴び
寝ることに・・・


                        

                            私たちが泊まったホテル番号(なんとにっしゃんのお誕生日)〜&お部屋

明日は、いよいよヒルトンやんかぁ〜〜
おやすみぃ・・・(^。^)y-.。o




まりりん日記Topにもどる                                             4月13日 第2章に続く

他にも・・・ 
第3章 (1) (2) (3) (4)
第4章 (1) (2)  (3) (4) (5) (6) (7)
第5章 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
第6章 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
第7章 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)
第8章 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)
第9章 (1) (2) (3) (4)
第10章






ここで解説・・・

モルディブブライダルショップ「華」というのは
ここフルレホテルの玄関入ってすぐのとこにある、モルディブブライダルショップ「華」は、
日本人がやってるブライダル用品レンタルショップである。
ウエディングドレス&スーツとアクセサリー、お色直し用ドレスまで一式レンタルすることができる。
ドレス、スーツとも結構種類もいっぱいあり、アクセサリー類なども悪くない。
だから、モルディブで挙式をあげるときは、ここで一
式レンタルするのもよいのではないかと思う。
着付けとメイクを申し込んでおけば、挙式当日時間に間に合うようにホテルのお部屋まで、スタッフが出向いてしてくれる。
このとき私たちが来てもらったのは、挙式当日14:00に来てもらうことになっていた。

スタッフも、すごく感じよく対応してくれた。

ただ・・ロマンチックディナー用の衣装(こっちで言うお色直し用)は、借りる必要はないかも・・・・
なぜなら、ヒルトンのイメージに合わないようなゴージャスさなのと、こっちでふだん出かけるよう
(といっても、そんなにたいそうではない普通の)のワンピースで十二分なのさっ♪


ホームページは↓
http://www.hana-wedding.com/wedding.htm