第3章
〜4月14日〜

素敵なwedding ceremorny!!! 愛よ永遠に・・・( ^)o(^ )

           目次っ♪♪
               (1)松本いよいよ・・・この日が・・・(●^o^●)
               (2)スッパっらしいぃぃぃぃ〜〜!!!
               (3)挙式に入るぞぉ!!・・・とその前に(^_^)v
               (4)すんばらしい〜ウエディングセレモニー( ^)o(^ )


(1)松本いよいよ・・・この日が・・・(●^o^●)

この日から、私たちはだいたい6:30ぐらいに起床するようになる。
でも、私は懲りずに携帯の時刻とアラームを、また直し忘れていたために、
夜中2時ごろに鳴ったらしい(笑)
その音で、にっしゃんは飛び起きたらしいが、
私はそんな音ぐらいでは起きず、ずっと寝ていた。・・・らしいのでわからない・・・(笑)

起きて、カーテン開けると、朝の景色もまたまためっちゃGOOD!!!!

                            
                        にっしゃん撮影 私は、この時きもちんよく寝させていただきました(笑)


この日、実は私、ちょいと体がだりかった・・・・
こんな日に限って、なんでやねん・・・・(゜レ゜)
もう、しゃぁないからバッファリンとアミノサプリを飲んだ。
外を見ると、すっごくGOODな景色なのだが、
ここは7:00を過ぎるれば日差しが想像を絶するキツさになっていく。
だから、朝食を食べに7:30に部屋を出るときは、日焼け止めとウインドブレーカー&帽子の3点セットをして出た。
そのときに、次の日のダイビング開始のために、器材を持てる分だけ持ってった。
(ここは、ダイビング器材をショップまで自分たちで持っていかなあかんかった。それにも増して、
ショップから私たちの部屋まではものすごく道のりが遠かった・・・(ーー;)だから、
持てる分だけ分けて、もって行こうって思ったからだ。 
ちなみにこの日は、私の器材とにっしゃんの3点やったっけ・・・ん・・・忘れた・・・(笑)

その器材をダイビングショップにおいて、アトールレストランに行って朝食を。(注釈 ☆彡1ばんめ〜参照

ダイニングにあるすべてのものがおいしそ〜やし、おなかと相談できなくなるほど、
朝からた〜くさんあるので、こ〜んなにもとってしまったわぁ(笑)

                                   
                                      めっちゃおいしそ〜でしょお〜ん!!
                                    どれもこれもめっちゃおいしかったぁ〜(^O^)
                                  この焼きトマトと、カリカリベーコンは最後の日まで
                                     私たちの必須アイテムとなりました〜!!
                                 ベーコンはおいしいけど、切れないのが玉にキズでした〜(笑)
                                     ご覧ください!! 
                            おすしまであるのがなんとも日本人にとっては気がきいてるでしょ〜ん!!

                               特に、ここのヨーグルトと果物はほんまに絶品4!!!! 
                              わたいらは、最後まで果物とヨーグルトは必ず取っていたもの〜〜(^o^)
丿


その時、モルディビアンのウエイターさんから なにやら・・・


「今日の夕食はロブスターのパーティーです。どぉですか??みたいなことをと英語ですすめられた。
これはよくすすめられると、モルディブのHPなんかでいっている。
今日は、ウエディングセレモニーだし、にっしゃんはロブスターなどアレルギー体質で食べられない。
ので、答えは簡単


「NO〜〜〜!!」

それから、二度とすすめられることはなかった。


あ〜ここの食事はほんまにおいしかったぁわぁ〜〜〜〜\(^o^)/
日本人の口にみごとにおうとるぅ〜〜〜!!!

朝食が終わり、わたいの体がちょいとだりぃということもあり、部屋の中で休んだ。
ほんまはわたいが元気なら、にっしゃんは一緒にお土産屋さんとかうろうろしたかったらしい・・・
(ごめんよ・・・にっしゃん)

部屋で休んで、私らは昨日のYukaさんからの挙式の説明により、
サンセットクルーズ用の軽装と挙式で使う指輪をフロントに預けて
11:00ぐらい(やったかな・・??)に水上スパに行くことに行くことになっていた。
(ここで・・・・注釈☆彡2ばんめ〜)

10:30頃、メインゲートを出た桟橋のプラットホームのとこにある移動用ドーニ乗り場へ、
ドーニか間に合うように、プラット行った。

そこに行く前に、メインディスクのYukaさんのとこへ、
指輪とゴマ号のクルーズのときの着替えを出しに行った時、Yukaさんより
「申し訳ございません・・・月曜日に挙式をされるお方は、ロマンチックディナーが明日の晩となります。
大変申し訳ありませんでした。」
この人は、ほんまに大変よく気がつくお人であった。

そして、
「○○○○さん(にっしゃんの本名)あてに、FAXが届いております。」
えーーーっ なんだろうーーーーーー!! って思って開封してみるとそれは・・・・・

いつもお世話になってる
大阪の友人からの
お祝いFAXだった〜〜〜〜〜\(^o^)/


きれいな感熱紙ではない、A4の紙できれいに受信されていた。
そこには、仲間からのぎっしりのお祝いメッセージが!!!! すっごくうれしかった・・・・


いつもお世話になりっぱなしで・・・・・・・
そこまでしていただいて・・・・
どうもありがとう!!!!!! 
遠い日本から、お忙しいでしょうに、
私たちのために・・・・
見たときめっちゃくちゃうれしかった4!!! 
大感激も大感激!!!
ほんまにどうもありがとうね・・m(__)m


そんな喜びをかみしめながら、私たちは、桟橋のプラットホームでドーニを待った。

ドーニが着いて、ドーニかどころか、余裕で間に合って、それに乗って、水上ビラに到着した。
(ここで・・・☆彡注釈3ばんめ〜)
   



(ここで・・・☆彡注釈〜のコーナー)

☆彡1ばんめ〜

ロビーからアトールレストランを通っていくとき、お土産屋さんがある。
ここは、カラフルな水着やワンピースが置いてあった。水着はよかったが、ワンピースは外国の方のフォーマル用って感じで、
サイズもでかいぃ〜
日本人にはちょいと・・いまいちな気がした・・・
通っていくと、大きなテレビのあるソファ、その横にちょいとPCが1台あった。
そこの踊り場には、「アトールバー」というバースペースがあった。
(結局ここは、いかずじまいやった・・・(T_T))ハッピーアワーとかあったらしいが・・・。
そこを通って、アトールレストランに行く。
レストランに着くと、カウンターに受付のようにウエイターが立っており、部屋番号を言うと、テーブルに案内してくれ
ジュースなどのオーダーを聞いてくれる。
朝食だけはジュースが無料で、コーヒー&紅茶そしてミネラルウォーターは有料である。
お昼と晩は、飲み物すべて有料である。
ウエイターに席を通してもらえば、後は前にあるおいしそ〜な食材を取れるだけとったらいいのである(笑)


☆彡2ばんめ〜

ここでは、挙式の後、「サンセットクルーズ」があり、その時はドレス&スーツを脱いで「軽装」となるのである。
ほんとに、新郎だったら「シャツ+綿パン」、新婦なら「ワンピース」程度。
それと、クルーズ中は海風で寒くなるのでちょいとした防寒着、もっちろん「パーカー」でOK。
まぁ・・・いわゆる「お色直し」??? でもこんなお色直しって楽でしょっ♪
あっ・・・話が横道それたけどm(__)m それと結婚指輪(式の時に交換するため)を挙式する朝一に、フロントに預けておくのだ



☆彡3ばんめ

移動用ドーニは、主に水上ビラに行くときに乗るもので、時間は決まってなくドーニを出してほしいときに、
メインアイランドディスクにいるスタッフに頼めば、スタッフがなにやらトランシーバみたいなもので
「ドーニ、ドーニ、ドーニ!! どうにかしてくれ・・・(こんなことは言っていないが・・・(^^ゞ)」とよんでくれる
決まった時間はなく、ほとんどピストン運行みたいなものだ。


第2章へ戻る                                                
第3章(2)へ

                         まりりんの部屋Topにもどる。

☆彡他にもぉ〜♪
第1章 
第3章 (3) (4)
第4章 (1) (2)  (3) (4) (5) (6) (7)
第5章 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
第6章 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
第7章 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)
第8章 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)
第9章 (1) (2) (3) (4)
第10章