(5)茶色のお山の人だかりぃ〜〜(゜レ゜)

ああ〜め〜っちゃダイブやったぁ〜って(●^o^●)
って、すんげぇ〜ええ余韻のエキジット後
ドーニで、タンクの器材をばらして片づけをやってて、
ふっと後ろを見たら、
なにやら、黒色ののお山やなくて茶色のお山の人だかり(笑)
(なにかしらぁ・・・??)などと思い
よーく見てみると、にっしゃんが外人の方にとりかこわれて
何かをいわれてる。

えぇ〜〜!!! 私たちさっきまで、私たち会話はおろか
相手にされないどころか、見向きもされてなかったのに・・・・・(゜レ゜)
んで、外国の方の奥様らしき方が私に英語で(当然)
「(The(にっしゃんの写真のこと)picture??
Send e-mail??(あの写真、私のとこにメール送れる??」
見たいなことを聞いてこられて

「は・・・い・・・・・・・???」って私。

どうやら、この外国の方々
にっしゃんがIXYでとってた、マンタが見たかったらしく、
みんな、にっしゃんのとこに集まってきていて、
にっしゃん必死で、撮ったものみんなに見せなくちゃいけないようだった。

にっしゃんが、自分の撮った写真を、皆様にスライドで見せていたら
みんな「WAO!! WAO!!」と感激した様子。

ついさっきまでは、見向きも相手もされなかったのに・・・(゜レ゜)
突然、こーーんなにも感激、歓迎のされようだ。

私にまで、英語で(だから当たり前やっちゅうにっ!!)
「メール送ってくれ!! 送ってくれ!!」って
言われてしまっちゃう始末。

それと、この茶色のお山の人だかりのもう一つの原因は
この「デジカメ」の存在であった。
ここモルヒルでは、日本とか特に普段私らが行くようなとことは正反対で
カメラなどもって入るっていうのは、なんとにっしゃんオンリーだった。
普段私らが行くようなとこなんて、
ボートにいろーーんな種類のデジカメや、高額そうな一眼レフのカメラとか
水中のものであるとか、実にいろいろカメラがあって
これを、こっそり奪って売りに出すと、
かなりの儲けになるんじゃないかって思うくらい(爆)
すんごいたーくさんあるのに・・・(爆)
それと、にっしゃんいわく
海外では(この当時)日本よりもデジカメは普及してなくて、
買うのはすごく高価で、なかなか手に入らないものらしく
それで、私たちの持ってるこのデジカメ君が
ものすごく、うらやましがられ、珍しいものだったようだ。

ドーニから上がっても、この騒ぎはおさまらず
器材を運んでくれるのを待ってる間、
「名前は何だ」とか聞かれて、自己紹介(?)するはめになってしまい
次々と、3人ぐらい同時に、
メールアドレスが書かれた小さくちぎった紙切れが手渡された。
にっしゃんのマンタの写真を送ってほしかったらしい・・・
中には(これは・・・何かいとるかわからんぞ・・・)
っていうような、めっちゃクセ字のものまで・・・(^_^;)
アドレスくれたのは、ご夫婦3組やったんやけど
次から次へとむこうから自己紹介してくれて
今までのからいっぺん、突然すごくお互いフレンドリーな感じになり
ここで写真をぱちりっ♪♪

      

それから、器材片付けているあいだずっと、
にっしゃんと二人で、紹介してくれた人の名前を
それぞれあの人は誰、この人は誰・・・???・・・って覚えあいっこしていくのが大変で・・・(@_@。

それでも、すっごいフレンドリーにそれから会話してくれるようになって
日本にまたがって、世界にまでもおともだちが、いっぱい♪♪♪!!

普段からお友達の多いにっしゃん
まさしく、この時
「世界に広げよう友達の輪っ!!(古いって・・・"^_^")」
だったのだぁ〜!!



第6章(4)に戻る                                  第6章(6)に進む

                  6章の最初から〜\(^o^)/

                 まりりんの部屋Topにもどる

☆彡他にもぉ〜♪
第1章 
第2章
第3章 (1) (2) (3) (4) 
第4章 (1) (2) (3) (4) (5)  (6)
第5章 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
第6章 (2) (3) 
第7章 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)
第8章 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)
第9章 (1) (2) (3) (4)
第10章