(3)いろいろありがとうm(__)m ムラちゃん

スパが終わったら、今度は歩いて、ビーチビラへ
メインアイランドのフロントのロビーに到着。

   
      こんれはねぇ・・・たしか、ビーチ行くまでの長い桟橋におったもんやったと思う・・・。
      めっちゃかわいい!! サメのあかちゃん(●^o^●)


帰る水上ジェットの出発は、確か16:00ぐらいやった。
それまでは、2時間ほど時間があった。
それまで、ロビーのソファに座って待機。
待機している間、
ムラちゃんが、お仕事しながら、私たちの相手をしてくれて
一緒に遊んでくれた。
一緒にいたのは、ココグリルから一緒やった
埼玉県から来たご夫婦と、私らより後に来たご夫婦の方とか
日本人ばっかしやった。

まずは、チェックアウト
フロントデスクに、にっしゃんが、行ってくれた。
全清算を済ませてくれたときに、
  
なんとにっしゃん
サブアクアのマネージャー(だいぶえらいさん??)のスタッフから
「Good Diver!! Good fan!! see you!!」
などと言われ、握手されてるではあ〜りませんか!!
あんまり大きい声で、言われていたんで
ソファ越しに振り向くと・・。

その、握手されっぷりを見てたら、
にっしゃんって、ここでは(「も」っていわなきゃならないかしら・・・)
かんなりすごーーいダイバーに思われてたのね(^^)

(私のだんな様って、なんてすごい人なのぉ〜〜(^^))

なーんて思ってしまってたら、思わずホレボレしてしまったかしら〜〜(●^o^●)
なーんてねっ(^_-)-☆

そんで、私ら家から持って来ていた梅干を
(ここにきて私らは、食べることがなかった)をムラちゃんに渡す。
朝の荷物詰めのときに、ムラちゃんに渡そうととっていた。
何でかっていうと、いつだった忘れたけど、
ムラちゃんが日本のお友達からからよく梅干をもらって
そんでもって、「ムラちゃん、梅干スキヨ。」
っていう話をしてくれていたから。
んで、渡す時、私らが持ってる梅干っていうのは、
ちょいとそこらにはない、
和歌山の知り合いの梅農家から直接仕入れてくるやつやから
今までムラちゃんがもらってきたものとは、ちょいとちゃうやろぉ〜
なーんて思ったから、渡す時、それをこそっとアピールして渡してって、
にっしゃんより指示を受けて、渡しにかかった。
そしたら、ムラちゃんすんごくうれしそうな顔してくれたじょぉ〜(^O^)

ほんで、そこにYukaさんもいたので、
Yukaさんにあげるように、朝部屋で荷詰めするときに、
用意していたものもあったんやけど
Yukaさん、お客さんにウエディングの説明をしていて
手が離せない感じやったんで渡せなかったわ・・・・(-_-;)

水上バス出発までの間
ムラちゃんと語りべぇ〜(^O^)&おあそびぃーーー!!
一緒に写真とったり、
時間ぎりぎりまで、陽気に相手してくれて
めっちゃおもろかったじょぉーーーー!!

めっちゃ楽しく話してたんやけど
聞いてると、ムラちゃんって、すごいんやでぇ〜\(^o^)/
なんせ、陽気ですんごい楽しい人やから、
日本にも、人脈めっちゃ広いらしくって、
はやってる歌とか、ギャグとか私らよりもめっちゃよぉ〜知ってて
それがまた、ぴ〜ったり的ついてつかえとるし
んで、わたしらと一緒にいたご夫婦とで、ボケ&ツッコミ&おとし入れたら
それに、すんなり答えてくれるし、
それに、おちょくられキャラもこなしてくれるし
んで、おまけに日本語も上手!!

ほんでほんでっ♪
ムラちゃんってねぇ〜
楽しい〜〜だけではなく、根はすんごいまじめないい人で
それに、めっちゃやさしい一面もあるわけで・・・(^^)
一緒に話してたら、その、ムラちゃんの優しいぃ〜〜ピュアの部分を
垣間見ることが時々あって、
へーっ・・って、そのムラちゃん奥の深さに
頭があがんないことも。。。

待ってる2時間、ムラちゃんのおかげで飽きることなんて
でんでんなかった(^^)

     ムラちゃんとの楽しいぃ〜ひと時はこんな感じでした!!!
   
        ムラちゃんとみんな集まってーーー☆ はいっ!!ポーズっ♪♪♪

     
                   ムラちゃんただいま、お仕事中♪♪

             
         どんな時でも、撮影に応えてくれる   ムラちゃんアイィ〜んポーズ、
               ムラちゃん♪           ごっついうまいっ!!!
                              ええわぁ。。。ムラちゃんのこの笑顔

ムラちゃんと遊んだたのし〜いひとときは
ここにものってるよ〜ん♪♪

んで、しゃべりまくって楽しい時間すごしてたら
出発40ぐらい前になったんで、
チェックアウトすんどるから、部屋に入れないので
トイレの中で、Gパンにはき替えて、しばらく待機。
そんなにあせらんでええって、ムラちゃんが言うてくれたんで
私らは、出発時間ぎりぎりまで、ムラちゃんと遊んでから
荷物もって、メインアイランドでて、ムラちゃんと一緒に桟橋歩いてゲートに向かった。

ゲートに到着して
しばらく、そこに備えられてるミネラルウォーターの見ながら
水上ジェット来るのを待ってた。
んでも・・・あれれ・・・時間16:00になっても・・・こないね・・・

そんで、そうしてまっとったら
けっこー予定時間遅れて、(とうとう)水上ジェットがきてしまった
私らが乗り込む前に、まずは荷物の重量チェックしながら荷物入れ
どんどん他の一緒に帰る人らの荷物を重量器で測りながら入れってって
ほんで最後に私らの荷物の番

測ってもらって・・・ほ・ん・だ・ら
重量オーバー!! と、飛行機の中に全人数が乗れなくて・・・・
んで、他の方たちはみんな乗れて、私らともう1組のご夫婦だけ居残り・・・(>_<)

次の18:00の便に、まわされる事に・・・(T_T)
なんでやぁーーーー(T_T)
行きしは、おっけぇ〜やったのに(ーー゛)

そうなってしまっても、普通やったら
すんごい怒ってしまってるかもしれないけど
ここやったら、なんか憎めなくて・・・。
怒るどころかああ・・まだこの楽園におることできるねんわぁ〜
って、ちょこっとうれしかったりして・・・(^_-)-☆

んで、またムラちゃんと私らだけで
メインアイランドに引き返して、も一度待機
その間、またしても、ムラちゃんをおちょくってしまって
遊んでた。

それから・・・1時間後ぐらいかな・・・・
ジェット機の出発の時間が迫ってきてたので、
また、ゲートに向かった。
こんどこそ、出発、楽しかったムラちゃんともお別れや・・・(T_T)

 メインアイランド内にあった、ヒルトンの旗です。

向かってる途中、ムラちゃん一言

「思い出が、思い(重い)でぇ〜〜☆」
そう言われたとたん、隙間風が吹いたようにぴゅーぅ〜
ぶるっ・・・ぞくっぞくっ・・・さっっむぅ〜〜(爆)

ムラちゃん、10日間ほんとにありがとね。
いろいろお世話になりました。
思い出したら、キリがないくらいだよ。
ここが、さいこーによかったのは、もちろんこのリゾートのごーかさなんやけど
それよりも、ムラちゃんが楽しませてくれたおかげだよ。
ムラちゃん、どうもありがとう。
ずっとずっと、わすれない・・・・。

んで、そんなんとは関係ないが
歩いてたら、空が曇り空に、青い海も、荒れはじめていた。

ちょうどこの時期終わったら、海の状態がよくなくなるらしいんで、
この時ちょうど、その分岐点????
私らの時は、来てから10日間、ずーーっと空も海もコンディションよし!!
やったから、それになる前に帰れて、
ある意味でもラッキーやったかも・・??
なーんて・・・^_^;

んで、しばらくまっとった。

  まっとる間に、居残り組みとはいっ!!ポーズっ♪

今度は、やっぱし時間通り・・・とまではいかなかったけど
さっきよりは、ましな遅れ方(笑)で到着した。

     

とうとう、居残り組のわたしらともう1組の夫婦とで
ジェット機に乗り込むことに。
こんどは、ほんまに帰るんや・・・・

ジェット機のドアが閉まるまで、
ムラちゃんが、ずっと手を振ってくれていた。

「ばいばいき〜ん(古い・・・)ズットズット ゲンキデネェ〜\(^o^)/」

ってムラちゃん
うんうんっ!! ムラちゃんも、ずっとずっと、でんきでねぇーーーー!!
わたしらも、閉まるまで、ずっと手を振っていた。

    
 うえぇぇぇえ〜ん(T_T) ムラちゃんばいばいき〜ん(T_T)(T_T)


そんでもってとうとう、
ジェット機のドアが閉められて、この素敵なアイランドを後にする。

 

離陸して、だんだんアイランドが小さく見えて・・・
ああ〜ここはよかったぁ〜っていう想いと・・・
さみしいぃ〜なぁ〜って気持ちが、交差していた。

       
    10日間楽しかったぁーーーー(●^o^●)\(^o^)/
    んで、またここにこれるのはいつ・・・???




第9章(2)に戻る。                              第9章(4)に進む

                    9章の最初〜☆

                 まりりんの部屋Topに戻る。

☆彡他にもぉ〜♪
第1章 
第2章
第3章 (1) (2) (3) (4) 
第4章 (1) (2) (3) (4) (5)  (6) (7)
第5章 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
第6章 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
第7章 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)
第8章 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)
第10章