(4)とうとう、帰るんだぁ〜(-_-;)

あのリッチなヒルトンランガリアイランドを出て、
水上バスは、フルレ島の行きしなと同じく、
ヒルトン専用の停留所に泊まった。
このバス乗り場は、行くときつかったところだ。

着いて、しばらく待ってると
ヒルトンの送り迎え係のような方と初日にお世話になった
「ワールドツアープランナーズ」の現地添乗員INPACの
すごく気のいい女の方が
迎えに来てくれて、私らは、いったん車でフルレホテルに向かった。
ついて向かっていった時間は、たぶん、19:30ぐらいやっただろう・・・。
水上バスが予定より2時間も過ぎとったんで、
そこで、シャワーを借りる予定やったんやけど、できなかった・・・・(-_-;)
(暑ーいとこおったから、汗だくやったのに・・・(T_T))
着いたら、20:40頃ホテルの玄関に出ておいてください。
(空港への送りの車のため)って添乗員さんがいうてくれた。

それどころか、そんなことなど気にもかけてられないくらい
ひじょーにお腹がすいていたんで、

そんなときは・・
「風呂はいる色気より、まず食い気!!!」やった!!!

そやから、ホテル内にある
行く時に、朝食を食べたとこ含めて3軒ぐらいあったんやけど
そのうちの1つの、
軽食が食べられる(実際、軽食ではなかったんやけど・・・(笑))
レストランに入ってった。

日本と違って、1個のボリュームが海外では半端やないことが多いんで
ハンバーガーとポテトのセットを1つたのんで、
2人で食べた。
やっぱしね・・・・これは、1個でじゅーぶんやわ・・・・^_^;
ってな感じやった。
まずくはなかったけど・・・・まぁ、おいしかったような・・
(お腹すいてたっていうこともあるけどね・・・(^_-)-☆)

んで、食べ終わって、お会計しらったレシート見ると
なんと・・・(・_・)・・おつり間違ってるんやなくて
端数分だけもらえずに、お店の分に取られてた。
なぬ・・・・(;一_一)にっしゃんいわく
どうやら・・・チップみたいな感じでとられているらしい・・・。
それ聞いて、私もちょっとぶっちぎれた。

それがおわって、レストランのある1階部分だけを
ちょいとぶらぶらした。

   
ぶらぶらしてたら、こんなにきれいなものを発見♪
上にのってんの、なんやろぉ・・・??


ぶらぶらぶらぁ〜〜〜っとしたついでに
1件だけ、小さなお土産やさんがあったんで
そこでまた、紅茶だの置物だのいろんなものを買った。
英語版のモルディブにいるお魚図鑑もゲットした。
ほんで買い物してる最中に、
先にヒルトンを出た、埼玉のご夫婦とばったり会った。
何時頃こっちに着た・・・とかいう話をしていたのだと思う。
そしたら、
「私たち、ここでシャワー浴びて、レストルームで仮眠とれましたよ」
って言った。
えーーっ!! うらやましいなぁ〜☆
それはそれは、よかったですねぇ〜!!
みたいに、わたしらは返したものの・・・

それ聞いて、なにゅっ・・・(・o・)
2時間早いこと出れとったら、そんなこともできたんやぁ〜〜〜(@_@;)
私らは、水上バスを18:00過ぎぐらいに出て、
ここ着いたのが、19:40ぐらいで
その時すでに、ここの空港まで送ってくれる車がきてくれる時間まで
1時間ぐらいしかなかったから
まず食べて、車が着てくれるまでぶらぶらするぐらいしかできんかったもーん(-_-;)
そんな事実を聞いて、あっついところで、ジーパンはいてたから
汗だっくだっくになってる私らが、むなしくてたまらなく思ってしまった・・・

憎めないけど・・・ヒルトンの人・・・っつったくぅ・・・
ほんまに、のんびりしとるわぁ〜〜(^_^;)

お土産とか買いおわったら、
ホテルを出る時間がそろそろ・・・って感じやったんで、
玄関に。
空港行きのワゴン車がくるの待ってる間
せっかくやからと、ちょいとのんびりベランダみたいなとこに
出てみた。

     → 
     これは玄関の外側の壁。  めっちゃ可愛らしい壁画でした!!
         南の島らしい
       

     → 
    フルレホテルの玄関        ゲートから、静かに私たちを送り迎えしてくれるのは
                          こんな、いるかちゃん!!


そうやって、ちょいと待ってると
さっきの添乗員のお姉さまが玄関に来て
空港行きのワゴン車が迎えにきたんで、
添乗員さんと私らとワゴンの運転手さんの4人で
マーレ空港に向かった。

向かってるときに、車の中でその添乗員の方に、
「ヒルトンはどうでしたか??」
って聞かれた。
私らは、あの最高の余韻がまだ残っていたので
すんごい最高のとこで、食事もおいしくて、りっちで天気もよくてとか
ムラちゃんのこととか、スパのこととか
ヒルトンの思い出を一部始終語った。
私らが、こーふんして語ってる時
「あーよかったですねぇ(^O^)」って、静かにうなずきながら
うんうんって聞いてくれてるときに・・・
一番いややった、あのchi○toさんの事件も一部始終話してやった。
そうすると・・・その添乗員さんが、

「申し訳ございません・・・」と話を切り出した次に、
私らは、さらに腹立ちが高潮するような、(私らにとっては)
すごい腹立たしい話を聞いてしまったのだ。

「ほんとに申し訳ございません・・・
実は、ビーチビラにいたYukaさんは、ヒルトン直営のスタッフなので
お客様には、ほんとに丁寧に公平に、サービスするのですが、
chi○toさんという人は、旅行会社からの派遣スタッフなんで、
それで、その配属されてる旅行会社さんから来たお客様を優先的にして
そうでない、他の旅行会社さんからきた方は後回しにしたり
そういうサービスにも、差をつけるんです。
私たちも、そういうことの無い様、さいさん注意をしてはいるのですが
そういうのが改まってないようですね・・・・」


これ聞かされて私ら、いやぁ〜〜(ー_ー)!!
ああ・・・そういうことね・・・
だからなのかぁ・・・・って思いながらも、
ますますchi○toっていうやつに対して腹立ってきた。

派遣だろうが、職員だろうが、そんなことかんけーないし
あったらあかんやろぉーーーー(ー_ー)!!そんなことがっ!!


それと、話してくれながら、その気のいい添乗員さんのほうが
ものすごく申し訳なさげに、誤ってくれた。
そのほうが、私らは見てて気の毒やった。

なんで、事件起こしたあの女が、そうせんと
生き帰りだけのこの添乗員さんが、
こんなに申しわけなさげにあやまらんと
あかんことになってんねんーーー??<`〜´>


そんなことを考えたら、あの事件が、ますます腹立たしくなってた。

ほんで、空港まで乗せてもらってる最中ずっと
ヒルトンのことと含めて、いろんな話をやってたと思う。
その話の中で、今でも覚えてるのが、
モルディブにある携帯電話っていうのは
まだまだ小さく通話だけの携帯で
昔の日本みたくまだまだ機種が高いらしいとのこと・・
(なんか、そんなことだったと思う。)
なんか、へーっ・・・って思いながら聞いてたんで、
少し覚えてる・・・・(つもり・・・??)

んでそうして話してるうちに、
マーレ空港に到着した。
そんで、その添乗員のお姉さまと最後のお別れをして
空港内に入った。

(ここで・・・)
この現地添乗員の方の応対はすばらしかった。
ホント、行く時と帰るときにお世話になっただけなんやけど、
行きも帰りもきちっと、私らのこと
すんごい丁寧にお世話してくれたし
聞いたことでも、なんでもはっきり答えてくれる。
すごく物腰柔らかく、いつも静かにニコニコしてるそんな感じも
私らには、好感が持てた。
このモルディブ新婚旅行がすばらしかったのは、
もっちろん、モルヒルがさいこーーによかったのは当たり前やねんけど
添乗員とか旅行会社のスタッフもよかったからじゃないかな・・・って思います。
旅行の楽しさって、旅行会社も左右してくるのかな・・・って
勝手に思ったりもしています。
申し込みの段階から、いろんな旅行会社をあたって見ましたが
この「ワールドエクスプローラ」は
価格的にも、スタッフの対応も◎!!でした。


さて、空港内に入って、その時の時間は、21:00ぐらいやったと思う。
マーレ発の時間が、22:15やったんで搭乗手続きして、
その後は、時間ありすぎるぐらいあったんで、
空港内をぶ〜ぶら〜っと♪することに。
ここの空港って、2階建てで、
お土産やさんは、2階にあった。
四角く仕切っていて、小さいとこやったから
やたらすごいわかりやすくて、
Duty Freeショップとかいろんな店があって
ここにも、いかにもモルディブらしい雑貨がおいてあるようなお店とか
おいしそーなお菓子ばっかし置いてあるお店とかいろいろと・・。
ぶらぶら回ってみてて、
そこでも、すんごいモルディブの思い出になるような
Tシャツを何枚かゲットした。
(それ、今でもお互い大切に着てるよ〜ん(^_-)-☆)

そんでそこで、初日の行きしなに出会った
ヒルトンではなく、ダイブサファリにいったカップルとばったり会った。
話を聞くと・・・・その人らは、おんなじアリ環礁で潜ってて、
ジンベイを見たらしい!!
えーーん(T_T) うっらやましいじょぉ〜!!
確かにマンタは見れて、ヨスジの群れも
めっちゃびっくりしてんけどぉ〜(^^)
んでも、ジンベイ見れたらもっとよかったのにな・・・・(^_^.)
なんて、思ってしまった私らであった。
ほんで、少し話をした後に、せっかく出会ったのだからと
名刺を渡しておいた。

そうしてるうちに、そろそろ時間せまってきたな・・・
って感じなったんで、
1階にあった搭乗待合室で、手荷物とボディチェックしてもらって
ゲートが開くのを待ってた。

搭乗時間の30分前に、ゲートが開いて、
乗る飛行機には、そこのゲートから乗り合いバスで向かった。
私らは、ゆ〜っくり待って、最後のほうにいったんやけど、
今度は、バスの順番が、まぁ〜ゆ〜っくりゆ〜〜っくりしてて
このまま、かえりの飛行機のれんのぉ〜(笑)
って思うぐらいで、最後のほうに並んでやっとこさ乗り合いバスに乗れた・・・
って感じで、ほんま最後の最後まで、ゆ〜っくりペースでええ感じやったわ(^^)

んで、バス着いて、予定の時間より、遅く搭乗した。
スリランカ航空UL460、マーレ発成田直行便にて。
しばらくして離陸したんやけど、予定時間めっちゃずれとったんちゃうかなぁ・・・(^_^.)

んで乗りこんで、座席座ったら、すぐにでも寝たかったんやけど
気温差が・・・・中がご〜っつい、さっぶぅ〜〜〜〜(>_<)(>_<)(>_<)
外がめっちゃ暑かったから、Gぱんと半そでのシャツ1枚だけで・・・(-_-;)
もちろん、はおり用にパーカ1枚賭けとって、それ着ても
さっぶぅーーーー(>_<)(-_-;)(>_<)
備え付けのブランケットかけてもおっつかず・・・・。
さぶさに震えながら、寝たもんだぁ・・・・・(-_-)zzz

あ〜あ、これでモルディブともお別れなんよねぇ・・・・(-_-;)
明日、日本に帰ってきまするぅ・・・(T_T)



第9章(3)に戻る。                        だめ・・やなくて い〜よい〜よ(爆) 
                                             最後の第10章です。

                   9章の最初ですぅ〜♪

                 まりりんの部屋Topに戻る。

☆彡他にもぉ〜♪
第1章 
第2章
第3章 (1) (2) (3) (4) 
第4章 (1) (2) (3) (4) (5)  (6) (7)
第5章 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
第6章 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
第7章 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)
第8章 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7)
第9章 (2)