にっしゃんのダイビング日記


其の拾六

NO. date point comment
151 2000.7.15 アディフ
南部
エントリーしてまずイサキも群れにビックリ!ものすんごい数。
オニダルマオコゼやカンムリブダイの幼魚を見かけてしばらくいくと、
岩の切れ目にイタチウオが、更にその奥に大きなイセエビが潜んでいる。
イソギンチャクの淵にモクズショイが2匹擬態しているのを見つけて、
ハタンポが岩の隙間に群れてる下をくぐっていくとエソが休んでいた。
マダラハタやオトメベラなんかもいたよ。
152 2000.7.16 マリンアーチ
南部
前日に比べるとすこぶる透明度がいい。といっても10mくらい・・・。
岩の窪みに休んでいるサザナミフグ発見!
砂地にダテハゼとエビが共生してる穴がいくつかあった。
エビが出たり入ったり忙しそうにしてる。
さらに向こうにハタタテダイやコロダイが砂面をつっついている。
この先にネジリンボウがいそうな雰囲気なんだけど、どうやら先には進まないみたい(-_-;)
みんなと合流するとウメイロモドキの群れに遭遇した。
レンテンヤッコやオキゴンベ、ミノカサゴも元気に泳いでいた。
153 2000.7.16 ショウガセ
南部
今回も透明度がよくない。
大物いても見えへんよぉ〜(-_-;)
くまのみの赤ちゃん(5mmくらい)がむっちゃかわいかったなぁ〜
154 2000.7.22 ミサチ
田辺
今日もまだ寒い、見えない(4mくらい)
深場に行くのはやめるみたい
棚にそって移動していくと小魚やウミウシがチラホラ。中でもニヤミラウミウシがきれかった。
棚が切れたところに1m以上もありそうなヘラヤガラがウロウロ。イラやスジアラもいる。
小さな切れ目で何かが動いた。あっ!モンハナシャコだぁ〜。
棚の上に上がるとみんなが固まってる。何かと思えばここにもモンハナシャコが。
さてさてそろそろ安全停止をしに浮上。
時間が経つのを待ってると何かの群れが・・・・
ん?カンパチだぁ〜(^O^)むっちゃおいしそう(^O^)メジロみたいなのもいる。
ぐるぐるグルグル回りを回る。そのうち方向感覚なくなってきた。
ん?ボートのアンカーロープが全く見えない(-_-;)
やばっ!はぐれちゃったみたい、それも安全停止中に・・・
し方がないんで水面に顔出してみると、ボートはず〜っと向こう。
流されちゃってるぅ〜(-_-;)
眺めていると、だんだん遠くなっていってるやんか。
必死こいて泳いでいってなんとかんとかかかろうじてエキジットできた。
あぁ〜むっちゃしんどかった。
(やっぱシュノーケルは着けといたほうがよかったなぁ)
155 2000.7.22 南部出し
田辺
この日2本目もやっぱし寒い。
デジカメも曇ってしまって何も液晶画面に見えない。
アンカー下から移動しようとしたけど1人カメラを構えて動かない。
何しとんねんと思って覗きにいったら白っぽいイザリウオがいるぅ。
っでこの後もでぇ〜っかい黄色のイザリーとオレンジのイロイザリーがいた。
ハタンポやイサキウメイロモドキの群れもすごかった。
156 2000.7.23 アーチ
田辺
エントリーして砂地に移動。
昨晩エアコンのきいた部屋でセッテングしたせいか少しはデジカメも使えそうだ。
でも透明度はやっぱしいまいち。またニコノスはおあずけだ。
しばらくしてジョーフィッシュ見ぃ〜っけ!
ほんでもって変な形のヤドカリがいるぅ〜。しばらく眺めてフッと辺りを見まわすと・・・
誰もいなぁ〜いやんかぁ!げげっ!迷子になっちゃたぁ〜。
うぅ〜ん。困った困った。でも落ち着け落ち着け!
辺りの地形をよぉ〜っ見てと・・・・(あぁ〜コンパスちゃんと見とくんだったなぁ〜)
なんとなっくこっちっっぽいなぁ〜、よう〜っしこっち行けぇ〜。
おっ!なんか白いものがヒラヒラしてるぞ!
ま〜み〜のフィンだ!やったあったりぃ〜(^O^)
みんなに合流するとなんか岩陰に集まってる。何かなぁ〜って寄ってみると
大っきなアカエイがいるぅ。1mくらいはありそう。
こんどはこんどははぐれないようにくっついて移動。
岩の隙間にミヤケテグリがいるぅ〜。
しばらくして浮上するとそこは大変な状態だった。
すんごいうねり。根に身体をたたきつけられそうな感じ。ひゃぁ〜(-_-;)
カエルウオが穴からちょこんと頭を出してる。
でもそれもゆっくり見てらんない。
なんとか絶えてエキジット。ラダーに掴まるのも大変だった。
157 2000.9.12 mile14
majuro
MARSHALL
朝起きるとなんと雨(-_-;)
出航の時には止んだが雲は濃いぃ!
エントリーしてまず予想以上に透明度がいいことに感激!
っで海に中も明るい。ん?今日は雲が厚かったはず。どういううこっちゃ?
ほんなら天気がよかったらどうなるねん?なんてことを思いながら流される。
ん?何か聞こえる。あぁ〜!イルカの鳴き声だぁ〜♪
おそらくエントリー前に見かけたイルカだろう。
姿は見えないけどなんか感激ぃ(^O^)
水底にホワイトチップが水面近くにバラクーダが見られる。
見渡す限り続いている珊瑚礁!
クマザサハナムロが群れている。
珊瑚の隙間にフレームエンジェルフィッシュ発見!見たかった魚の一つだ。
ナンヨウブダイ、ウメイロモドキ、ツノダシ、オニハタタテダイ、タカサゴ等など
48分の〜んびり流されて浮上した。
明日もしいい天気になったら、とむちゃくちゃ楽しみぃ(^O^)
158 2000.9.12 pinacle11
majuro
MARSHALL
ここはマジュロ環礁の中、流れもないとこでセルフで潜るってことに・・・
っで吉居さんの後ろをついていくことにさせてもらった。
エントリーするとここもエダ珊瑚がむちゃくちゃきれい!
ソメワケヤッコ、ニシキヤッコ、タテジマキンチャクダイが泳いでいる。
チョウチョウウオ系もいっぱい!
ここの固有種のラインフォーストゴビーを見せてもらった。
ネッタイミノカサゴやクマザサハナムロの群れをみながらエグジット。
159 2000.9.13 aquarium
majuro
MARSHALL
今日はだいぶと天気が回復!青空も見える。
ポイントまでの途中でイルカの大群に遭遇!昨日も見かけたがもずっと多い。
エントリーして棚に沿って流される。海の中も昨日よりも明るく透明度もいい。
ホワイトチップがゆったりと動いている。
遠くの方にナポレオンフィシュが泳いでいくのがはっきり見える。
しばらくいくと黒い塊が近づいてくる。インドオキアジの群れだ!
す〜っと群れの進行方向の前に回り込んでじっと待つ。
すると群れが向かってきて、取り囲んだ。
完全に群れの中に入ってしまった、360度ぐるっとインドオキアジに囲まれてる。
壮観な眺めだぁ〜(^O^)
シチセンチョウチョウウオやニセフウライチョウチョウウオなんかも綺麗だったよぉ〜♪
 
 
 
カロリン島のビーチ沖にボートを泊めて昼食。
天気もいいし、景色もいい。
海もきれい。シュノーケリングしに海にはいるとここでも珊瑚がむちゃくちゃきれい。
オレンジアネモネフィッシュ、デバスズメダイ等など小さい魚もいっぱいだ。
160 2000.9.13 calolin pass〜aquarium
majuro
MARSHALL
午前とちょっと離れた場所からのエントリー。
イソマグロが表層をス〜っと通りすぎる。
ナポレオンフィッシュがナンヨウブダイもいる。
するとまたインドオキアジの群れがやってきた。
午前中と同じ様にしたらまた群れの真ん中にはいってしまった。
水底の砂地にグレイリーフシャークが寝ているようだ。
クマザサハナムロも群れでやってくる。
青の世界と珊瑚を堪能してエグジット。
全員がエグジットしてからボートクルーの動きがなんか変?
よくみるとラダーがはずれないみたい。
昨日もなかなかとれないで苦労してたみたいだったけど、今回のは手ごわそう。
だいぶと時間がかかってる。ハンマーでトンカントンカンクルー総動員でやってる。
ようやくはずれたのか、ラダー手に持って上がってきた。ん?何か変!
よくみると先が折れている、取れないもんだから切断したみたいだ。
えっ!明日からどうなるんだぁ〜?
それでなくても上がりにくいフィッシングボートやのにラダーなかったら絶対無理。
うぅ〜ん。一抹の不安を抱えて港に戻った。