にっしゃんのダイビング日記


其の十八

NO. date point comment
171 2000.11.4 トムモーヤ南
沖縄
慶良間
半年ぶりのプレフリダイビング。今回はジャイアントでのエントリー。
飛び込んですぐにヘッドファーストで根まで一目散にたどりつく。
思ったほどの流れはなかった。隣の根まで移動する途中、底を大きな
ホワイトチップが横切っていく。そこまでいくをグルクンの群れと共に
頭の上をカスミアジが通りすぎて、小ぶりのイソマグロがいったりきたりしてる。
少し流れに逆らって移動するとカメがでてきた。みんなが一斉に取り囲んでる。
大きなサザナミヤッコもいる。岩の陰にアカマツカサ、ミナミハタタテダイも。
172 2000.11.4 サンドヒル
沖縄
慶良間
今度は流れのほとんどないとこでののんびりダイブ。
なんかいないかなぁ〜ってキョロキョロしてると置いてきぼりくらっちゃった(-_-;)
ウロウロしてるとハリセンボンがいた。
まさみぃが追いかけて膨らましちゃった。おかげでなかなかいいのが撮れた(^。^)
173 2000.11.4 スン崎
沖縄
慶良間
大好きなカクレクマノミ見ぃっ〜け♪
あとモンガラカワハギやアカククリの群れもいたっ。
174 2000.11.5 下曽根
沖縄
慶良間
エントリーするとイソマグロの群れがまずお出迎え。
タテジマキンチャクダイ、モンガラカワハギを根の近くでみたあと
スポーツダイビング!  疲れました(-_-;)
175 2000.11.5 タートルベイ
沖縄
慶良間
ナンヨウハギの群れを横目に見かけていくと真っ白い砂地に・・・
なんかいないかな?って捜してるうちにまた迷子に(-_-;)
はぐれギンガメを遭遇したあと無事にみんなと合流♪
やっぱり透明度のいいとこでよかった。
176 2000.11.5 黒島南
沖縄
慶良間
エントリーしてすぐの根にホワイトチップが寝てる
しばらくいくと別の根にはアジアコショウダイyg.やアカククリがいた。
あとはマンタを捜して大移動!
でも結局見当たらなかった・・・
177 2000.12.29 Drop Off
Sipadan
シパダンに着いてのとりあえずのチェックダイブ!
デジカメを持って行こうとしたら止められちゃた。カメラのチェックはできないのぉ?(笑
タンクを背負ってのビーチエントリー、ひさびさなんで足腰にきつい。
少し行くとすぐにポイント名通りにドロップオフだ。
出会う魚もロクセンヤッコ、アデヤッコ、ニシキヤッコたちにでっかいロウニンアジ
カスミアジにギンガメの群れ(小さい)カメ、サメにナポレオン
小さいのはクダゴンベにイソギンチャクカクレエビなんかもしっかりいる。
数えきれない種類の魚が数え切れないくらいいっぱいいる。
これってまだまだシパダンの海の入り口なんだろう。
タートルカバーンのとこまで行ったけど不気味な「DENGER]の看板。
薄暗いしこの辺だけ水温も低く感じちょっとヤバい雰囲気がした。
次からがむちゃくちゃ楽しみぃ(^O^)
178 2000.12.29 Drop Off
Sipadan
夕方からのエントリーでだんだん暗くなってきた。
ナポレオンやイエローフィンバラクーダ、バファローフィッシュなんかもでてきたが
ライトを持っていなかったので心細い、さすがに陽がおちると暗くなるのが早い。
リピーターのみんなはちゃんとライト持ってる。
やっぱり自分の見たい方向が照らせないっていうのは心細い。
魚はたくさんいるんだけどそろそろ帰ろうよって感じ。
桟橋のとこでツバメウオの幼魚がかわいかた。
179 2000.12.30 Drop Off
Sipadan
朝6:30からのエントリー。
ん?daizu夫妻がいない。どうやら寝坊してるみたい。
昨日と同じドロップオフ。
だけど海岸線がすんごい流れてる。
頑張って前に進んで行くんだけど全然ドロップオフまで辿り着かない。
し方ないんで一旦戻って桟橋まで移動してリエントリー。
今日は明るいで魚もばっちり見える。
タテジマキンチャクダイにミナミハコフグの成魚、カスリハタもいた。
あと寝坊してあわててるカンムリブダイがチラホラ。
お目当ての大行進はもう終わっちゃったみたいだった。
180 2000.12.30 Barrcuda Point
Sipadan
今回初めてのボートダイブ、といっても乗船してから5分もかからないとこだ。
いままで以上に魚が多い。種類も数も。
カメなんかも悠然と泳いでる。
アカモンガラの群れがヒラヒラときれい。クマザサハナムロの群れも・・・
でも透明度がいまいち、15mくらいってとこかな?
っとガイドのエミリンが向こうを指さした。なんとなく黒い影が見える。
なんだろう?って思ってると加藤さんがすでに近くまでいってる。
急いで近づくと、バラクーダの群れだ。すんごい数(@_@)
流れがあるんでじっとしてるのがつらいけどボーゼンと見てた。
うぅ〜恐るべしシパダンバラクーダの群れでした。
(あとで分かったことだけどこれはまだ少ないほうの群れだった)