にっしゃんのダイビング日記

其の十九

NO. date point comment
181 2000.12.30 south point
sipadan
潜行して流れていくといろんな魚がいる。
バラハタ(青)がとてもきれい。
少し窪んだとこにアケボノハゼがいる(水深14m)
珊瑚礁の中にちっちゃいウメイロモドキの赤ちゃんがいる。むちゃくちゃかわいいやん。
ナポレオンやタテジマキンチャクダイ、モンガラカワハギなんかもいる。
すると前方が暗い。何かなと思い近づくと
ギンガメアジのでっかい渦だった。すっごぉ〜い♪
それも一匹一匹のでかい。桟橋近くで見たのより・・・
中には婚姻色で黒くなってるのもいる。
これがシパダンなんだ(^O^)
182 2000.12.30 barracuda point
sipadan
エントリーして流されていく。
カメがゆったりと、岩陰で休んでいる。近づいても逃げる気配もない。
そのままいくが黒い影は残念ながら見当たらない。
クマザサハナムロの小さな群れにロウニンアジがアタックしてる。
途中ガイドのエミリンがウミウチワのとこで何やら指さしてしる。
覗き込んでみるとニシキフウライウオがいる。2匹も!
ちょっと変わったカクレクマノミがいる。(後で調べるとスパインチークアネモネフィッシュだった)
ムスジコショウダイの塊もきれいだった。
183 2000.12.30 dorop off
sipadan
今日5本目のダイビング。タンクがずっしり重い。ヨタヨタしながら砂浜を歩く。
短いんだけど遠く感じる海岸線。フィンを履いてようやくエントリー。
砂地にヒラメみたいのがいた。ナポレオンを横目に見ながらドロップオフに・・・
岩場の影を覗きこむとオトヒメエビが3匹いた。
カンムリブダイの小さいのとイエローフィンバラクーダなんかを見て桟橋のとこに
戻ってくるとちゃぁんとギンガメアジとツバメウオの幼魚が迎えてくれた。
今夜はぐっすり眠れそうだ。
184 2000.12.31 dorop off
sipadan
今日も早起きして6時に用意してのエントリー。
流れがあるんで桟橋んとこからドロップオフへ・・・
そしてカンムリブダイ捜しに向かった。
っがこの時間でも遅いみたい、寝坊してあわててるかのようなのが数匹いるだけだった。
帰りに念願のオドリハゼを見つけてもらった。
185 2000.12.31 barracuda point
sipadan
ボートに乗ってフィンを履き終わらないうちにポイントに到着。
ちゃんとそこにブラックフィンバラクーダの塊がいる。
群れの移動する方向で待機してると群れの中に入っちゃう。
それもすれすれで避けていくからなんとマクロモードでバラクーダの写真が撮れる。
ギンガメアジも同様だ!
それとカクレクマノミもかわいかったなぁ。
186 2000.12.31 south point
sipadan
エントリーするとカスミアジがスーっと泳いでいくのが見えた。
ヤカタハタ、タテジマキンチャクダイもいる。
ノコギリダイの群れを横目に、セジロクマノミ・カクレクマノミ・スパインチークアネモネフィッシュも。
少し行くとウメイロモドキの群れが通り過ぎていった。
187 2000.12.31 barracuda point
sipadan
エントリーしてから間も無くバラクーダの渦に遭遇した。
少し移動すると今度はギンガメアジの群れがいる。
アカモンガラ、ツノダシの群れをみつけると、少し離れたとこにムレハタタテダイが・・・
すると向こうの方から黄色い物がヒラヒラと近づいてくる。
ウメイロモドキの群れだ♪
川の流れのように全力疾走で泳いでる。そんなに急いでどこに行くのぉ〜って感じ。
一息流れがきれたと思ったら今度はすぐ上でまた流れていく。
一体どれくらいの時間そのに囲まれていたのかわかんないけど、
ただただ茫然と眺めるのみだったけどずいぶんたくさんだっとと思う(^O^)
そろそろ浮上の時間かなって思ったらムレハタタテダイがまた群れている。
するとまたバラクーダが渦まいている。
最初から最後まで群れ物のオンパレード♪
最高のダイビングでした。これを20世紀最後のダイビングにするため
今日はサンセットダイビングはお休みしました。
188 2001.1.1 barracuda point
sipadan
エントリーポイントでかなり流れがある。
バックロールで入ってカメラを受け取りに浮上したがすこし流されてる。
潜行して棚の岩にかれんとフックを引っ掛けて待機。
みんな揃ってドロップオフへ。深場では流れはゆるくなった。
ん?なぜか今日は耳抜きの趙氏がいい(^O^)
鼻をつままなくてもスコスコ抜ける、快調快調♪
しばらくいくと前方に黒い影♪バラクーダだぁ♪
ちょうど群れの正面に出くわした。おいらたちのパーティーが群れの中にすっぽり包まれた。
そして少し浮上するとこんどはギンガメアジの群れがいる。
21世紀最初のダイビングも大満足でした(^O^)
189 2001.1.1 barracuda point
sipadan
流れていくとバラクーダのとんでもない群れが・・・
他にもいろいろ魚がいるんだけど目に入らない。
とにかくバラクーダばらくーだbarracuda一色!
もう満腹のダイビングでした。
190 2001.1.1 south point
sipadan
ボートの上からウメイロモドキが見える♪
期待しながらあわててエントリー!
っが姿が見えない、どこかにさぁ〜って流れていったみたい。
途中イソマグロを見かけて、そのまま移動していくと
棚の上付近に黒い影が・・・
近づいてみるとギンガメアジのものすんごい群れだ。
ホントに隙間もないくらい固まってる。向こう側が全く見えない。下に入ると暗いくらい。
急いで先頭まで泳いでいくが結構距離あるぅ〜、あぁ〜しんど。でも(^O^)/
前に回るとそのまま群れが突っ込んでくる、しばらくは辺り一面ギンガメアジしか見えない。
心地よい疲労感を持ってまた流されると今度はバラクーダの渦に遭遇!
ほんとに恐ろしいほど魚影の濃いシパダンの海だ。