にっしゃんのダイビング日記


その4

NO Date Point Comment
31 96.4.30 沈船あまみ
与論
こんどはちゃんと船の上に。
とにかくあまみはでっかいわぁ!
それにそこを巣にしてるツバメウオがい〜っぱい
深いんであんましおれんかったけどなんかすごかった
32 96.4.30 宇勝のアーチ上
与論
カメさんがいたっ!
あれにつかまったら龍宮城に連れてってくれへんのかなぁ?
途中でニコノスのファインダー落としたんで垂直に潜行して
なんとか捕まえたけどさすがにこれはしんどかった。
33
96.5.2
フンチュ
与論
こんどはウェイトベルトがスルリと落ちていった
なんか今回落とし物多いなぁ〜
34 96.5.2 イソバナ
与論
アンカーロープのとこがやけに混んどるんで、船の縁から
ドボンといったらア〜レ〜って感じですんごい流れ!
マジでヤバイ!
あっと言う間に流されてる自分に気付き、この時ばかりは
文字通り命懸けで泳ぎました
なんとかアンカーまでたどり着いたけどそれ以上動く体力もなし
数匹のギンガメアジがアンカー横を通り抜けていくのが見れたのが
せめてもの救いでした。

注意:飛び込む前に流れがあるかどうか確認しよう!
35 96.5.3 長崎の塔
与論
今度もカメさんがゆったりと泳いでた〜
透明度もいいし、のんびりダイビング
36 96.5.3 ヨロントモリ
与論
白い砂地にお魚いないか這いつくばって探しとったら、ミノカサゴが
ゆっくり写真撮っとったら、カンカンカンって音がするから振り向くと
イントラが上にあがれのサイン!なんでやろ?って思ってダイブ
コンピューター見るとなんとDEC↑マークが!!
明るいから浅いと思ってたところが26m(透明度がいいから)
無減圧潜水時間を超えてしまってたんだ〜(ピンチィ〜)
減圧停止をしながらゆっくり浮上。
どうなることやら心配したけどその後も何の症状のでず一安心

教訓:残圧だけでなく深度と潜水可能時間も細めにチェックしよう!
37 96.5.4 シナハの
ドロップオフ
与論
深いとこにガーデンイールがいるって聞いてたけどそこまで
行けんかった(でも38mまで行った)
透明度ええからそれでもそこそこ明るいし
やっぱしいいな南国の海
38 96.5.4 宇勝のアーチ
与論
与論最後のダイブ!
今度も流れがきつくて、みんな鯉のぼり状態。
カメラ持ってるせいで片手での匍匐前進はけっこうきつかった

与論は全般に透明度いいし魚も多いしダイビングはよかったよぉ
でも帰りの船が低気圧といっしょに帰ってきたせいもあってか
2.3日身体がずっと揺れてた。
今度はちょっとくらい高くっても飛行機にしよっと
それと食い物なんとかしてくれぇ〜
39 96.6.1 田子の浦
和歌山
やっとこさ遅れてマイギアのレギがデビュー!
なんかすっごい吸いやすいわ
これでまた空気の消費速度速なりそう(笑
40 96.6.1 ミノワ
和歌山
イシガキフグみぃ〜っけ!
こんなとこにもいてるんやぁ